CONSOニュース [更新日]  2021年04月19日
PHOTOニュース[更新日]  2021年03月29日
コンソ・プラザ(講演会)「既存鉄筋コンクリート造建築物のリノベーション技術におけるあと施工アンカーの利活用に関する研究動向」を開催

2021年3月17日(水)にコンソ・プラザ講演会を開催し、国立研究開発法人 建築研究所 構造研究グループ 主任研究員の向井智久氏に「既存鉄筋コンクリート造建築物のリノベーション技術におけるあと施工アンカーの利活用に関する研究動向」というテーマで、Web上でご講演頂きました。 講演会では、近年におけるあと施工アンカーの利活用に関する研究や基準の動向についてご説明いただきました。更に、Web講演会に参加された皆様との活発なご議論も頂きました。

2020年度第2回連絡担当者会議を開催

「連絡担当者会議」は、会員の皆様にコンソーシアムの活動に対するご理解をより深めていただきますと共に、皆様からのご提言、ご助言をいただく機会となるよう開催しています。前回の9月と同様に今回もCOVIT-19予防のため会合は中止し、オンラインによる活動報告会として多数の法人会員のご出席をいただき、当会緑川光正会長の開会挨拶、国土交通省住宅局 住宅生産課 企画専門官 宮森剛氏に『長期優良住宅制度等の見直しについて』の基調講演、国立研究開発法人建築研究所 国際地震工学研究センター長 小豆畑達哉氏に『国際地震工学センターにおける最近の地震・津波防災に関する研究について』の講演、その後、2020年度 事業報告案、引き続き、研究会「空間知能化による高齢者の生活の豊かさのサポート」研究会および「戸建住宅地の住環境マネジメント手法の研究開発~新規住宅地のエリマネ技術を活かした既存住宅地の維持活性化」研究会の活動報告を行いました。(3月19日Webにて開催)

コンソプラザ一般講演会(WEB)「頻発する水害に住民はどう備えればいいのか?~住民の視点から対策技術やハザードマップを考える~」を開催

3月3日(火)、2020年度コンソ・プラザ一般講演会(第4回)がオンラインにて開催されました。防災科学研究所の酒井直樹氏(先端的研究施設利活用センター副センター長)に、「頻発する水害に住民はどう備えればいいのか?~住民の視点から対策技術やハザードマップを考える~」のタイトルでご講演いただきました。 西日本豪雨災害時のビデオでは、水深だけではなく、流速の脅威を教えてくださいました。防災科学研究所の大型降雨実験施設のご紹介とそこで行われた貴重な実験の様子も動画で見せていただけました。様々な専門家が協力しあい、個々の市民がハザードマップや自身で歩くなど我が事としてとりくむべきテーマであることを学びました。参加者数は45名で、ほぼ全員に満足いただける講演会でした。

第18回 建築・住宅技術アイデアコンペを開催

2020年度のアイデアコンペは、10件の応募があり、2021年1月25日(月)の1次審査会(査読結果の審議)で7件が選定されました。その後、2月19(金)の2次審査会(オンラインでのプレゼンテーション等)において、最優秀賞1件、優秀賞2件、審査員特別賞1件、佳作3件の受賞作品が決定されました。

コンソ・プラザ(講演会)「宙(ソラ)から,空(ソラ)から,地震時の市街地被害の迅速マッピング技術の開発と試験運用について」を開催

2021年2月15日(月)にコンソ・プラザ講演会を開催し、国立研究開発法人 建築研究所 住宅・都市研究グループ 主任研究員の阪田知彦氏に「宙(ソラ)から,空(ソラ)から,地震時の市街地被害の迅速マッピング技術の開発と試験運用について」というテーマで、Web上でご講演頂きました。 講演会では、市街地被害の把握技術の研究開発から、「宙(ソラ)から」=宇宙から被害を把握する技術として、観測衛星データを活用した市街地被害集中エリアの解析技術や、AI(人工知能)を用いた被害解析技術、さらに「空(ソラ)から」=航空写真から被害を把握する技術として、3Dモデリング技術を活用した被害解析システムの開発についてご説明いただきました。更に、Web講演会に参加された皆様との活発なご議論も頂きました。

過去のPHOTOニュース

ID 

PASS