PHOTOニュース[更新日]  2020年07月29日
コンソ・プラザ(講演会)「端島(軍艦島)における調査と今後の展開」を開催

コンソ・プラザの2020年度1回目の一般講演会「端島(軍艦島)における調査と今後の展開」が7月6日(月)東京理科大学工学部建築学科の今本啓一教授によって開催されました。 新型コロナウィルス感染の影響により、急遽、当会として初の試みであるオンライン講演会にて開催し、26名に参加いただきました。 スムーズな進行のため、ご講演時のビジュアル資料は録画コンテンツを用意いただき、質問にはリアルタイムで回答いただきました。 端島(軍艦島)の歴史や当時の生活がしのばれる写真、一般の見学者が踏み入れない場所の現在の写真など貴重な写真を見せていただきました。 非常に過酷な環境下に暴露されている鉄骨コンクリート造建築の劣化・崩壊の貴重な計測を紹介いただき、参加者の多くから業務に活用できるという声が寄せられました。

第17回 建築・住宅技術アイデアコンペを開催

2019年度のアイデアコンペは、7件の応募があり、2020年1月27日(月)の1次審査会(査読結果審議他)及び同2月21(金)の2次審査会(ヒアリング他)を経て、最優秀賞1件、優秀賞2件、審査員特別賞2件、佳作2件が選定されました。

コンソ・プラザ(見学会)「日本製鉄㈱君津製鉄所」見学会を開催

2019年度第3回目の見学会が2月7日(金)千葉県木君津市の日本製鉄㈱君津製鉄所で催されました。最初に製鉄所全体の説明があり、見学のための服装に着替え、ゴーグルをつけて工場に向かいました。工場は広く、山手線の中に置くとすると、片方が東京駅だと反対側は新宿駅に達する広さです。1965年に創業し、国内トップクラスの生産量を誇り、建築に使われるH形鋼をはじめ、自動車等の 冷延鋼板まで多くの種類が生産されていました。圧延の工程ではすべて自動ではなく手動で職人の技が活かされていました。とにかくスケール感が桁違いで、全てが大きく、特に高炉の存在感は圧倒的でした。「鉄は国家なり」を実感できるできる見学会でした。

研究企画ミーティング(旧コラボレーション・ミーティング)(防火分野・第2回)を開催

1月30日(木)、研究会の立上げに向けて、研究企画ミーティング(防火分野・第2回)が開催されました。講師は第1回と同じく出口嘉一氏(国立研究開発法人建築研究所・防火研究グループ 主任研究員)による「避難安全検証法ルートCの課題と展望」というテーマで、1)前回のおさらい、2)その他に前回出たテーマ、3)あらかじめの検討の共通ルール案の紹介、4)研究ミーティングのテーマに関する議論、を中心に4名の参加者による様々な話題提供、質疑応答、意見交換が行なわれました。参加者各位の意見を踏まえて、研究会の方向性や今後の進め方を検討していくこととなります。

「2019年度若手技術者交流会」第5回を開催

2019年度若手技術者交流会最後の回(第5回)が、1月17日(金)有明のパナソニックセンター東京で開催されました。始めにパナソニック株式会社の紹介があり、その後3つのグループに分かれて話題提供されたテーマについて討議しました。その後、パナソニックセンターを説明付きで詳しく見学することができました。 展示は前回に比べ、グレードアップされておりました。特にビジネスユース専用フロアーの未来区はモバイル用の設備等、参加者が目を見張る展示があり未来の生活の一端を体験できた貴重な経験になりました。

過去のPHOTOニュース

ID 

PASS