募集中のイベント過去のイベント
イベント一覧<<戻る
 状況
「頻発する水害に住民はどう備えればいいのか?~住民の視点から対策技術やハザードマップを考える~」 詳細情報
募集中
[主催] 建築研究開発コンソーシアム
[募集数]
[場所・日時] ■日時:2021年3月3日()15:30~17:00
■開催方法: WEB(Zoomウェビナー)
■参加費:無料
[備考] ■講演内容:相次ぐ洪水被害を受けて、氾濫を防ぐための治水対策に加えて、建築においては「耐水害性能を備えた」住宅が求められている。防災科学技術研究所で行われた実物の住宅を使った産学連携による耐水害性能検証実験による新技術開発や今後の展開を述べる。また住民目線による水害対策を効果的に適用するためのハザードマップの活用や水害時の避難について課題を述べる
講演会「既存鉄筋コンクリート造建築物のリノベーション技術における あと施工アンカーの利活用に関する研究動向」 詳細情報
募集中
[主催] 建築研究開発コンソーシアム
[募集数] 100名
[場所・日時] ■開催日時:2021年3月17日(水)13:30~15:00(ご講演70分、質疑応答20分)

■開催場所: Zoom配信
(参加申込みされた方には、URLを送信いたします)
[備考] ■講演概要:
人口減少・高齢化・空家が顕著化する昨今,既存建築物の有効なストック活用に向け,あと施工アンカーを用いた部材の接合技術は不可欠なものとなっています。あと施工アンカーは古くから耐震補強のために広く利用されていますが,近年では既存建築物の大規模改修として,耐力壁に開口を新設する際の端部補強筋としての利用や,長期応力下におけるスラブと周辺部材との接合筋としての利用等が望まれています。本講演会では,近年におけるあと施工アンカーの利活用に関する研究や基準の動向について概説します。

■「向井智久氏のご略歴」
1997年3月 東京理科大学理工学部建築学科 卒業
1999年4月 東京理科大学理工学部建築学科 助手
2004年4月 独立行政法人 建築研究所 入所
現 在   国立研究開発法人建築研究所建築構造研究グループ主任研究員

 建築研究所において,構造研究グループにおける研究課題「既存ストック有効活用に向けた既存中低層鉄筋コンクリート造建築物の躯体改造技術の開発(2019~2021年度)」や「既存鉄筋コンクリート造建築物の地震後継続使用のための耐震性評価手法の開発(2019~2021年度)」に加え,官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)仮設・復興住宅の早期整備による応急対応促進や戦略的イノベーション創造プログラム【第2期(SIPs2)「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」】衛星データ等即時共有システムと被災状況解析・予測技術の開発に関する研究課題を実施している。また,建築基準整備促進事業「あと施工アンカーを用いた部材の構造性能確認方法に関する検討(2015~2017年度)」や,その後のガイドライン策定に関わっている。
「宙(ソラ)から、空(ソラ)から、地震時の市街地被害の迅速マッピング技術の開発と試験運用について」 詳細情報
募集中
[主催] 建築研究開発コンソーシアム
[募集数] 100名
[場所・日時] ■開催日時:2021年2月15日(月)13:30~15:00(ご講演70分、質疑応答20分)

■開催場所: Zoom配信
(参加申込みされた方には、URLを送信いたします)
[備考] ■概要:
大規模地震後の市街地に関しての被害状況を迅速にマッピングすることは、その後の復旧・復興、生活再建に対して重要な情報源となる。こうした視点に立ち実施している市街地被害の把握技術の研究開発から、「宙(ソラ)から」=宇宙から被害を把握する技術として、観測衛星データを活用した市街地被害集中エリアの解析技術や、AI(人工知能)を用いた被害解析技術、さらに「空(ソラ)から」=航空写真から被害を把握する技術として、3Dモデリング技術を活用した被害解析システムの開発について紹介し、現在実施中の試験運用の状況等と今後の展開について紹介する
講演会「データ分析から見る音や省エネの世界」 詳細情報
募集中
[主催] 建築研究開発コンソーシアム
[募集数] 90名
[場所・日時] ■日時:2021年1月21日(木)13:30~15:00(ご講演70分、質疑応答20分)

■場所: Zoom配信
(参加申込みされた方には、URLを送信いたします)
[備考] データ分析をはじめとする「データの利活用」は昨今の社会で頻繁に取り上げられており、建築業界においてもデータの利活用は考慮すべき課題の一つである。本講演会では主に音環境や省エネに関するデータを利用した取り組みを概説する。
音環境に関しては、建築研究所内で測定された、JIS A 1418-2:2019に規定されている2種類の標準重量衝撃源であるバングマシンとゴムボールによる床衝撃音レベルの読み替えや、乾式二重床施工時の重量床衝撃音レベル定減量の読み替えの事例を紹介する。
省エネに関しては、2018年度に省エネ適合性判定プログラム(モデル建物法入力支援ツール)の入出力データを活用した非住宅建築物の外皮・設備設計の実態調査(主に新築事務所ビル)の分析結果を紹介する。
「TOKYO リノベーション ミュージアム」見学会 詳細情報
募集中
[主催] 建築研究開発コンソーシアム
[募集数] ①10人 ②9人 合計19人
[場所・日時] ■集合場所:パナソニック東京汐留ビル1F
      東京都港区東新橋1丁目5番1号

■日時:2021年2月26日(金)
      ①13:00-14:30 ② 14:30-16:00
[備考] ■概要:「TOKYO リノベーション ミュージアム」は東京・汐留にあるリノベーションに関する様々なことが学べる施設です。ご自宅などのリノベーションを考えておられる方が自由に見て回れる施設です。一般の方にわかりやすく、楽しんで学んでいただくために様々な工夫がされています。本見学会では説明を聞きながら効率的に見学(30分)できます。その後、ご自由に見学いただきます。
新型コロナウィルス感染対策のため、マスクを着用し、小人数グループで見学します。
[リンク] 「TOKYO リノベーション ミュージアム」

<<戻る
トップページへ