HOME
CONSOニュース詳細
  【延長】研究会「5m超の軽量鉄骨下地乾式間仕切り壁の地震時損傷抑制に関する研究」参加者募集のご案内
内容■提案会員名:清家 剛 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 教授

■研究会発足時の活動概要と目的:
地震時の間仕切り壁の損傷、崩落による人身災害防止および資産保護、事業継続性確保の観点などから、JIS等に規定される5m以下の軽量鉄骨下地乾式間仕切り壁の地震時損傷制御について、2017年より30社50名以上の参加者により研究会を実施してきた。その結果を現在、提言として取りまとめを行っている(2022年度脱稿予定)。
新たに、昨年度より5m超の間仕切りに関する研究会を発足させており、地震時損傷抑制に関する基準整備に資する机上検討、解析的検討、実験による確認検証などを行い知見を蓄積するとともに、その結果を建築学会における論文や、提言、技術指針などの形としてまとめ公表する。

■一年間の活動で得られた成果と課題:
5m超の間仕切り壁の動的振動台実験の実施、および主な6メーカーの5m超の間仕切り壁(1G耐力想定)モノトニック載荷試験等を実施した。その結果は2022年建築学会大会梗概で公表することとしている。

■今後の活動における目的・概要:
論文発表、建築学会での発表、学術誌への投稿などにより、間仕切り壁の地震時安全性に対する問題意識や課題解決への社会的気運の醸成を図り、安全安心な非構造部材設計・施工法の構築に寄与したい。

■今後の活動で想定される成果:
・論文、学術雑誌への投稿
・書籍の刊行
・指針、提言などの公表

■研究会延長期間:
1年間(2022年5月17日~2023年5月16日まで)

■研究会構成:
リンク(別紙)

■参加条件:正会員、準会員、学術会員

■募集期間:
2022年4月15日~5月14日


■参加希望、お問い合わせは、(1)会員企業名、(2)ご所属、(3)氏名、(4)連絡先(TEL、FAX、e-mail)、(5)(参加希望の方は、)研究会への期待や貢献を、下記までお知らせください。
連絡先建築研究開発コンソーシアム 事務局 担当:鶴巻
電話 03-6219-7127 e-mail tsurumaki@conso.jp
 リンク研究会構成(参加者名簿)
 ニュース公開日2022/04/13
発信者コンソーシアム事務局