HOME
CONSOニュース詳細
  研究会「建築基礎・地盤分野の持続的な研究開発を目指す若手勉強会 フェーズⅡ」参加募集のご案内
内容■提案者名:田村 修次(学術会員)
■趣旨・概要:
建築研究開発コンソーシアムでは、建築構造にとって不可欠な建築基礎・地盤分野の研究開発の活性化を目指して、2018年度に「建築基礎・地盤分野の先進的な研究開発を目指す若手勉強会」を発足させ、当該分野の研究開発に必要な課題について議論し、持続的な社会を実現するための研究課題が明確化された。これを受け、若手の研究者、技術者、設計者が積極的に検討する機会を設けることを主旨として、建築研究開発コンソーシアムに本研究会を発足させる。
本研究会の目的は次の3つとする。
1. 持続可能な社会を実現するために建築基礎・地盤分野の研究開発課題について、現状の問題点の具体を抽出し、解決するための方策を協議する。
2. 建築に関する異分野(例えば上部構造、材料、防災など)について勉強し、建築基礎・地盤分野に生かせる技術を研究する。
3. 建築以外の分野(例えば土木工学、地震学、計測・制御工学など)の新技術を勉強し、基礎・地盤に限らず建築分野全体に活かす方法を研究する。

■想定される成果:
1. 現状の問題点を具体化することにより、最優先で取り組むべき課題を積極的に提案することができる。
2. 建築の関連する異分野と連携する体制を作ることにより、分野間の交流が促進され、建築基礎・地盤分野のプレゼンスを高めることができる。
3. 建築以外の分野の新技術を取り込むことにより、基礎・地盤に限らず建築分野全体の活性化に繋げることができる。

■参加条件:
正会員、準会員、学術会員 (40歳までの若手を推奨)
関連する業種:
建築基礎・地盤分野に関わる研究者、技術者、設計者

■研究会期間:1年間

■予算:建築研究開発コンソーシアム研究会支援費による。

■研究会構成:
委員長:田村修次(東京工業大学教授)
幹事:新井洋(建築研究所上席研究員)

■募集期間:2021年10月18日~2021年11月18日

■参加希望、お問い合わせは、(1)会員企業名、(2)ご所属、(3)氏名、(4)連絡先(TEL、FAX、e-mail)、(5)(参加希望の方は、)研究会への期待や貢献を、下記までお知らせください。
連絡先建築研究開発コンソーシアム 事務局 担当:赤嶺
電話 03-6219-7127 e-mail kenkyu@conso.jp
 ニュース公開日2021/10/15
発信者コンソーシアム事務局