HOME
CONSOニュース詳細
  【延長・修正】研究会「一般大学生のための建築・住宅技術教育の研究」参加者募集(再)
内容■趣旨・概要:
 施主や協力業者等と打ち合わせを行う際に「話が通じずに困った」ご経験はないでしょうか?専門家とそうで無い人の情報格差やコミュニケーションの齟齬は、実務に支障をきたす大きな問題となりえます。
 そこでこの研究会では、建築専攻以外の一般の大学生に対してどのような建築・住宅技術教育が可能であるかを検討し、効果的な教育プログラムを模索することを最終目的としています。
 今年度はコロナ禍の特殊事情の下、まずはメールやオンライン会議によって、皆様のご経験を共有することから始めたいと考えております。
 一般市民の関心が高いのは防災・安全・環境・コスト・維持管理といった現実的な問題であり、これらを含めた実用的教育カリキュラムを構築するには実務家の皆様のご協力が不可欠です。ゼネコン・住宅メーカー・設計事務所等、多くの実務経験者の皆様のご参加をお待ちしております。

■想定される成果:
・一般学生向けに最適な建築・住宅技術教育の内容やカリキュラムが提案できる。
・大学等以外にも展開できる建築教育・啓蒙の場を検討できる。
・研究成果を実践すれば一般市民の建築リテラシーが上がる。
・結果として業界のレベルアップにも繋がる。

■参加条件: 正会員、準会員、学術会員

■関連する業種:
住宅会社、ゼネコン、材料メーカー、設計事務所、ジャーナリズム、市民活動家等

■研究会期間: 2020年11月から1年間

■研究会構成: 委員長 鈴木あるの

■募集期間: 2020年 8月3日~10月30日
連絡先建築研究開発コンソーシアム 事務局 担当:吉岡
電話 03-6219-7127 e-mail kenkyu@conso.jp
 ニュース公開日2020/09/23
発信者コンソーシアム事務局