HOME
CONSOニュース詳細
  研究会「簡単に移設して継続利用が可能な「移動式小規模建築物」に関する研究」参加者募集
内容■提案会員名: 大和ハウス工業株式会社

■趣旨・概要:
本研究では、安全で良質な移動空間の普及を目的として、未来に想定される建築物の一つとして、「移動式小規模建築物」を新たに定義し、その基準、法令等について具体案を提案する。
背景として、自動車業界では、「クルマは将来、人や荷物に加えてサービスを運ぶようになる」といった未来像を描いており、その空間は、移動するものの、建築物といっても過言ではない。タイヤがあれば車であるが、タイヤから分離されると車室は建築物となり、基礎に緊結するなど建築基準法を満たす必要が生じる。また、建築物であれば固定資産税もかかる。タイヤの有無で安全基準・税制度が大きく変わるのは問題である。
そこで、置くだけで設置でき、そのまま移設して利用可能な「移動式小規模建築物」の基準等について検討する。実現すれば、応急仮設はもちろん、様々なサービスへの利用が期待できる。

■想定される成果:
移設して継続利用することを前提とした「移動式小規模建築物」の定義、基準、法令及び優遇税制等の具体案。

■参加条件:正会員、準会員、学術会員

■関連する業種:住宅会社、自動車会社、材料メーカー、リース会社、建築研究所等

■研究会期間:2020年7月中旬から1年間

■募集期間:2020年 6月2日~6月30日
連絡先建築研究開発コンソーシアム 事務局 担当:吉岡
電話 03-6219-7127 e-mail kenkyu@conso.jp
 ニュース公開日2020/06/01
発信者コンソーシアム事務局