HOME
CONSOニュース詳細
  「建築材料の防火安全性能に関する国際シンポジウム」参加募集のご案内                          International Symposium on Reaction-to-Fire Performance of Building Products
内容■概要:建築研究開発コンソーシアムの「JIS A1320に基づく評価基準案の再検討を目的とした研究会」(委員長:野口東大 教授;副委員長:小林東京理科大教授)の活動の一環として、標題の国際防火材料シンポジウムを開催いたします。
Session 1では、 英国及び欧州において建築材料の火災安全性能評価・ 研究に関して 、長年英国代表として実務及び政策の第一線で活躍されてきた Dr. J. Murrell(英国 Warrington火災研究所)に御報告・解説(英語)いただきます。また国内情報として、2017年に公示されたJIS A1320「建築内装用サンドイッチパネルの箱型試験体による燃焼性状試験方法」等について吉岡主任研究官(国総研)が御報告 し ま す。
Session 2は、参加者全員による自由討論の場とし、建築防火、消防、都市防災に係る参加者での意見交換を行います。どうか奮って御参加下さい 。

■日時:2019年 11月 20日(水) 14時 30分~ 17時

■場所:晴海トリトンスクエア Z棟 4階 BHCJ講演室
    (東京都中央区晴海1-8-12 建築研究開発コンソーシアム事務所隣)
■講師:Dr. Janet Murrell
Technical Manager, Warrington Fire, UK
(英国ウォリントン火災研究所)
野口 貴文 氏(東京大学 教授)
吉岡 英樹 氏(国土技術政策総合研究所 主任研究官)

■参加費:会員…無料 非会員…1,000円

■募集人員:60名

■募集定員になり次第締め切りといたします。

■申込み:下記項目をメール(sympo2019@conso.jp)にてお申し込み下さい。

件名:「建築材料の防火安全性能に関する国際シンポジウム」
本文:社名、部署名、氏名、TEL、E-Mail、をお書き下さい。

※お申込み頂いた方には講演会開催日の1週間前を目途に【参加票】をメールにて送信致します。
万一、届かなかった場合は、お手数ですが事務局までお問い合わせ下さい。

※参加申込み者の個人情報は、建築研究開発コンソーシアムの「個人情報の保護に関するガイドライン
(HPに掲載)」に基づき管理致します。
また、講演内容の充実のため、事前に講師へ開示することがございますので、予めご了承下さい。
連絡先建築研究開発コンソーシアム 事務局 国際シンポジウム担当:金子
電話 03-6219-7127 e-mail sympo2019@conso.jp
 リンク▼詳細はこちら
 ニュース公開日2019/10/04
発信者コンソーシアム事務局