HOME
CONSOニュース詳細
  研究会「全ての人にとって魅力ある建設現場を実現するための研究」参加者募集のご案内
内容 ■提案者名:
鹿島建設株式会社

■趣旨・概要:
近年外国人が活躍できる労働環境づくりが強く求められているが、建設現場は外国人だけではなく多くの人に対して障壁のある労働環境である。また生産年齢人口の減少が進む中、「雇用の受け皿」として建設産業が個々の企業の取り組みだけで担い手を十分に確保できていた時代は既に終焉している。本研究では外国人や女性、高齢者、障がい者も含めすべての人が現場でやりがいを持って働くために何が必要なのか、一企業、一業界のフレームワークを超えたブレインストーミングを通じ、「真の建設現場の働き方改革」を研究会からの提言としてまとめることを目的としている。本研究は建設現場側からの生産性向上を図る視点と、様々な人が現場で活躍できる可能性を探る視点を2つ組み合わせることで、建設現場の「未来の理想像」を構想するための研究である。1年間の研究会活動によって多様な専門家より意見を頂き、建設業がより魅力的な環境となるためのアイディアを提言する。

■想定される成果:
国交省、厚生省等が進めている建設業界の雇用改善施策に並行して民間における取組みを行うことで建設産業の社会的アピールとなる。また建設業各社の取り組みを支える指針を提言することで各社が魅力ある現場を推進することをサポートすることができる。

■参加条件:正会員、準会員、学術会員

■関連する業種:ゼネコン、各ゼネコン協力会社、労働安全衛生を対象とする研究者、身体障がい作業療法学関係者、老年学関係者、建設関連ICTソリューション企業 他

■研究会期間:2017年12月~1年間

■予算:建築研究開発コンソーシアム研究会支援費による。

■募集期間:2017年10月13日~2017年12月11日

■備考:コンソーシアムのHPの「アイデアコンペ受賞作品」から提案書を見ることができます。(提案タイトル:ユニバーサルな建設現場を実現するための研究)
連絡先参加希望、お問い合わせは、(1)会員企業名、(2)ご所属、(3)氏名、(4)連絡先(TEL、FAX、e-mail)、(5)(参加希望の方は、)研究会への期待や貢献を、下記までお知らせください。
建築研究開発コンソーシアム 事務局 担当:岩田
電話 03-6219-7127 e-mail kenkyu@conso.jp
 リンクアイデアコンペ受賞作品「提案タイトル:ユニバーサルな建設現場を実現するための研究」
 ニュース公開日2017/10/13
発信者コンソーシアム事務局