募集中のイベント過去のイベント
過去のイベント<<戻る
 
開催年状況
「住宅の健康性能向上に対応した断熱設計講習」(効果シミュレーション付)
終了
[主催] 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)
[場所・日時] ■日時:平成30年7月10日(火)13:30~16:30
■場所:千代田区紀尾井町 剛堂会館
    (東京都千代田区紀尾井町3-27)
■参加費: 10,000円
■申込み締切:平成30年7月6日(金)
■申込み:下記の講習チラシの申込書に記入してFAXでお申し込みください。
http://ibec.or.jp/seminar/files/H30_health-improvement_translation_seminar.pdf
[備考] ■概要:
高齢者が居住する住宅は断熱性能が低水準なものが多く、断熱リフォームにより既存住宅の居住環境を改善することは、省エネルギーと共に居住者、特に高齢者の健康寿命を延ばすことになり、今後のリフォームの中核になると思われます。本講習では既存住宅の断熱改修手法、戸建住宅の断熱改修効果を、BEST-Hを用いたシミュレーションモデルにより具体的に解説いたします。
[リンク] 「住宅の健康性能向上に対応した断熱設計講習」(効果シミュレーション付)
「すまい・まちづくりシンポジウム2018」の開催案内
終了
[主催] 一般社団法人 プレハブ建築協会
[場所・日時] 【場所】
すまい・るホール
東京都文京区後楽1-4-10
住宅金融支援機構本店1階
【日時】
2018年6月22日(金)13:00~16:35
           (12:30より受付)
[備考] 【概要】
人口減少・高齢化により都市の停滞が問題となるなか、定住人口の増加を図るために各地で地域活性化が進められていますが、必ずしも目標を達成できているとは言い難い状況にあります。今後これらの目的を達成するためには、「住」だけでなく「職」(具体的には「働き方改革」)の視点も重要となるでしょう。
そこで、(一社)プレハブ建築協会では、地域活性化のための「住」と「職」について、「二地域居住」という観点を交え、有識者の皆様と議論をし、住宅産業の新たな視点を考えるためのシンポジウムを開催いたします。官民を超え、皆様が地域再生・創成を検討する際の一助となればと存じます。
[リンク] 詳細はこちら
政策研究大学院大学・建築研究所共催 研究発表会 「都市・住宅・建築分野におけるICT・IoT・AI技術の可能性・課題・展望」 開催のご案内
終了
[主催] 政策研究大学院大学・(国研)建築研究所
[場所・日時] ■日時: 2018年2月21日 水曜日 10:00~12:00 (受付9:30から)

■会場: 政策研究大学院大学 1階 想海樓ホール

■プログラム
10:00-10:05 主催者挨拶
・沓澤隆司 政策研究大学院大学 教授
・山海敏弘 建築研究所 持続可能プログラムPD (環境研究グループ長)
10:05-10:35 基調講演
・野城智也 東京大学生産技術研究所 教授
 「住宅・建築分野におけるIoTの可能性と課題」
10:35-10:50 調査報告
・山海敏弘 建築研究所 持続可能プログラムPD (環境研究グループ長)
 「都市・住宅・建築分野におけるICT・IoT・AI技術に関するヒヤリング調査等の概要」
10:50-11:20 講演
・高田巖 ㈱LIXL Technology Research本部システム技術研究所 GL
 「(仮)住宅におけるICT・IoT技術の導入」
11:20-11:50 講演
・竹内敬治 エネルギーハーベスティングコンソーシアム事務局長、NTTデータ経営研究所
シニアマネージャー
 「(仮)都市・住宅・建築分野におけるエネルギーハーベスティング技術の可能性」
11:50-12:00 質疑応答
[備考] ■参加費: 無料(事前登録制)

<<戻る
トップページへ