PHOTOニュース[更新日]  2018年03月15日
「平成29年度 第2回 連絡担当者会議及び功労者表彰式」を開催

「連絡担当者会議」は、会員の皆様にコンソーシアムの活動に対するご理解をより深めていただきますと共に、皆様からのご提言、ご助言をいただく場となるよう開催しています。今回の本会議では60法人・団体のご出席をいただき、国土交通省住宅局 建築指導課 企画専門官 松井康治氏に『建築行政の最近の動向について』の基調講演、国立研究開発法人建築研究所による『建築材料施工分野の研究動向について』の講演、その後、平成29年度 事業報告、研究会活動について報告をしました。 引き続き、第3回の功労者の表彰を行いました。受賞者3名の方に村上会長から賞状と記念品が授与されました。 又、会議の後の懇親パーティも盛大でした。(3月14日開催)

平成29年度 コンソ・プラザ講演会「建築確認審査におけるBIM応用の現状と展望」を開催

2月26日(月),平成29年度コンソ・プラザ第4回講演会を開催し,国立研究開発法人建築研究所の武藤正樹氏に「建築確認審査におけるBIM応用の現状と展望」というテーマでご講演頂きました。 武藤氏からは,建築研究所がBIM建築確認の開発ステップを提示して以降,指定建築確認検査機関における事前相談段階でのBIMデータ活用などの事例がみられるなど,BIM設計による申請対象の審査において BIMデータの取り扱い事例がみられるようになってきたことを踏まえ,国内外のBIM建築許可・確認事例の最新動向と今後の技術開発の展望について説明がなされました。 会場からは,将来的にBIM化を進めていくにあたってのロードマップ的なことやローカルルールが結構な割合を占めることについての質問があり,活発な議論が行われました。

第15回 建築・住宅技術アイデアコンペを開催

2017年度のアイデアコンペは、10件の応募があり、平成30年1月29日(月)の1次審査会(査読結果審議他)及び同2月23日(金)の2次審査会(ヒアリング他)を経て、最優秀賞1件、優秀賞4件が選定されました。

コンソ・プラザ(講演会)「都市木造の未来~木造の防耐火性能を科学する~」を開催

2月16日(金)、平成29年度コンソ・プラザ第4回講演会を開催致し、桜設計集団一級建築士事務所 代表 安井昇氏に「都市木造の未来~木造の防耐火性能を科学する~」というテーマでご講演頂きました。  「都市の建築は、これまでコンクリート・鉄・ガラスなど不燃材料でつくってきました。木材利用促進が推進される時代に、どのように都市に可燃物である木材を安全性を確保しながら積極的に使うか。火災実験や先駆事例をもとに考えてみます。」との主旨にて、木材の発火温度の高さ、火災時の遮熱効果の高さ、開口部(通気)の有無による燃え広がり方の違い、不燃化・難燃化、燃え広がり難い構造等について、様々な実験に基づく事例が紹介されました。参加者は34名でした。

コンソ・プラザ 国立研究開発法人 産業技術総合研究所見学会を開催

2月5日、平成29年度コンソ・プラザ第4回見学会は、以前からご要望のあった「国立研究開発法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター」を見学致しました。 人工知能研究センターの西田首席研究員にご案内頂き、各研究スタッフの方々からも館内の様々な研究施設や貴重な研究テーマ、研究データを分かり易く、丁寧に説明して頂きました。 最後に、意見交換の時間もあり活発な発言が行われました。参加者は27名でした。

過去のPHOTOニュース

ID 

PASS